【空中ブランコ】奥田英朗



著者:奥田英朗

『身の引き際はどうやって決める?』

伊良部総合病院の跡取り息子、伊良部。
彼のいろんな人とのやりとりが記されている。

伊良部はぼんぼんで世間知らずな中年親父で描かれているが
どこか憎めない性格でもある。
(実際にこんな人間がいれば腹立つだろうけど・・・)

ふくよかな体格で描かれているのも好かれる理由の
ひとつかもしれません。

神経科の医師をやっているので精神にどこか異常を
きたしている人たちがやってくるのですが、その人たちを
不思議な魅力でなおしていきます。
はっきりいって医者としてではなく人間として!?
治療してるような気がします。

まー同じ立場にたって考えてくれるのがいんですかね〜
このシリーズはおもしろいです!

評価 : 6/10



人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 本ブログへ banner_02.gif本 読書 ランキング
posted by haSevenlime | Comment(0) | TrackBack(1) | か行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

奥田英朗「空中ブランコ」
Excerpt: 奥田英朗著 「空中ブランコ」を読む。 このフレーズにシビれた。  心がいっきに軽くなった。言葉の力を思い知った。どうしてもっと早く、対話をしなかったのだろう。小学生にまで遡って、友だちを作り直したい気..
Weblog: ご本といえばblog
Tracked: 2010-04-18 17:51


最近のコメント
最近のトラックバック
GoogleボットチェッカーYahoo!ボットチェッカーMSNボットチェッカー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。