【銀行籠城】新堂冬樹



なんだかんだいってまたこの人の
本を読んでしまいました。

会社で後ろの席に座っている人が
貸してくれるんですよ。

内容は犯人がある銀行に立て籠り
行員、客を震撼させるお話。
人間の奥底に眠る本当の
姿を詳細に描いている。

みんな偽善者である。
おれはかなりの偽善者である。

ただ終わり方がまたあっけない
感じである。
もうちょっと終わり方を
考えてほしい。

評価 : 4/10


人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 本ブログへ banner_02.gif本 読書 ランキング
posted by haSevenlime | Comment(0) | TrackBack(0) | か行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


最近のコメント
最近のトラックバック
GoogleボットチェッカーYahoo!ボットチェッカーMSNボットチェッカー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。