【ホームレス中学生】田村裕

ホームレス中学生.jpg

平成の時代にこんな生活をしていた
中学生がいたなんて・・・。

この飽食の時代におなかを空かして
ご飯が食べれず毎日自販機の下にお金が
落ちてないか見て回る。
住む場所がないのでとりあえず近所の公園で
寝泊りを1ヶ月弱繰り返す。

一ヶ月弱とはいえ中学生ですよ、中学生。
シャワーは天然の雨。
トイレは草むら。
おなかが減りすぎたときは“草”や“ダンボール”をたべる。
お兄ちゃんやお姉ちゃんも違う公園で住んでたそうです。

そんな中多くの人に助けられ、
芸人になりこの本を出したようである。


一番笑えたのが“味の向こう側”。
お米一膳でおなか一杯になる方法を考えた末
ひたすら咀嚼する方法を編み出したらしいのだが、
ある程度かんでいると味はしなくなるらしい。

それをさらに噛み続けるとほのかな甘味が
口に広がるみたいなのだが、それを味の向こう側と
呼ぶみたいである。

回りの環境が似たようなものであれば問題ないと
思うのだが、日本は平均的な生活をみんな送っている
国であると思っていた。

そんな中でこの暮らしはかなりつらいと思う。
現代のシンデレラストーリーですな。

評価 : 9/10


人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 本ブログへ banner_02.gif本 読書 ランキング
posted by haSevenlime | Comment(0) | TrackBack(0) | は行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


最近のコメント
最近のトラックバック
GoogleボットチェッカーYahoo!ボットチェッカーMSNボットチェッカー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。