【悪の華】新堂 冬樹



新堂冬樹先生の大作です。
はい性懲りもなくまた読んでしまいました。
結構はまります。

最初はやたらと横文字が多いので
とっかかりにくかったのですが、
読んでいくとすぐになれます。

ただ"銃口"とかを"マズル"というのは
慣れるのに時間がかかると思います。
英語しゃべれる人はいいのかもしれないが・・

また人はいっぱい死んでいくのですが
今回は切ない恋愛話もあるのでちょーど
いい感じです。

イタリアのマフィアが日本でヤクザと
大立ち回りを演じる。
まだやり残したことがイタリアであるので
死ねないのだが・・・
最後は100%次回作がありますという
中途半端な終わり方。

評価 : 5/10


タグ:
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 本ブログへ banner_02.gif本 読書 ランキング
posted by haSevenlime | Comment(0) | TrackBack(0) | あ行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


最近のコメント
最近のトラックバック
GoogleボットチェッカーYahoo!ボットチェッカーMSNボットチェッカー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。